忍者ブログ
-                                                                                                                                                welcome B'z brother!!                                                                                                                                     -                                                                                                            B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- 開催決定!!                                                                                                                                -                                                                                                             B'z 新曲「Exit To The Sun」NHK土曜ドラマ「ダークスーツ」主題歌                                                                                                           -                                                                                                             B'z 新曲「NO EXCUSE」スミノフアイス TVCMソング                                                                                                             -                                                                                                             B'z NEW SINGLE「有頂天」2015年1月14日リリース!!                                                                                                             日本テレビ系土曜ドラマ『学校のカイダン』主題歌                                                                                                             -                                                                                                             B'z 新曲「アマリニモ」『H.I.S.』CMソングに決定!!                                                                                                             -                                                                                                             B'z NEW ALBUM「EPIC DAY」2015年3月4日リリース決定!!             
[611] [610] [609] [608] [606] [605] [604] [607] [603] [602] [601
Posted by - 2017.08.22,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by B'z LIFE - 2012.06.20,Wed

top1.jpg

ラリー・カールトンとの『TAKE YOUR PICK』で第53回グラミー賞「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞した松本孝弘がニューアルバムをリリース。ソロアーティスト、ギタリスト、そして作曲家としてのスタンスを新作やグラミー受賞の感想から感じてみてください。


拍手[8回]


「自分の“いまの作品”を創りたかった。ギタリストとしても、作曲家としても」

今夏、「335レーベル」より全米でのリリースも決定している、松本孝弘(Tak Matsumoto)のニューソロアルバム『Strings Of My Soul』。ベスト的な選曲を最新の響きで堪能できる本作について、そして『TAKE YOUR PICK』で「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞したグラミー賞への思いを語ってもらった。

■今作の制作、そしてリリースに向けての背景から、まずおうかがいしたいのですが。

松本:自分自身の作品のなかで自分自身がすごく気に入っている楽曲を集めて1枚のアルバムを創りたい、しかも普通のベストアルバムではなく、その気に入った楽曲にいまの自分が再度トライして“ひとつの新作”を創りたいな、と考えたのが最初です。

■いまおっしゃった“気に入っている”楽曲もかなり厳選されたかと思いますが、最終的な決め手はどこにおいたのでしょう?

松本:曲の良さ、そしてギタープレーを気に入っているというところですね。自分のなかで「こういうアルバムを創ろう」というものを決めた時点で、自分の過去のソロ作品を全部聴き返して、まず自分の気に入った楽曲やプレーを選び出したんです。で、そのなかからまたさらに厳選して、最終的に残った楽曲に対してはいいところは残しながら直しを入れていく作業をしました。とにかく、自分の“いまの作品”を創りたかったんです。ギタリストとしても、作曲家としても。

■カバーも含め、新曲も2曲収録されていますけれど。

松本:『Live Life』は、このアルバムがアメリカでリリースされることを念頭において創った楽曲です。今回の制作、アメリカでのリリースに向けてアドバイスをしてくれた(ラリー・カールトンのマネージャーの)ロバート・ウィリアムズさんという方から、「歌ものは必ず入れたい」というお話があって、僕自身もその案には賛成だったのでまず曲を書いて。で、そこでラリー(・カールトン)さんからプロデューサーのポール・ブラウンさんを紹介されたので、仕上げは彼にお任せしてみたんです。そうしたらすごく良かったので、そのあとも彼には何曲かのミックスを手がけてもらいました。

■『Live Life』のボーカルは松本さんご自身ではありませんが、それはなぜなのでしょうか?

松本:僕自身が英語の歌詞で、向こうのシンガーでやりたかったんです。それは最初から決めていました。人選に関しては、ロバートとポールのアドバイスを受けて決めました。

■『SUKIYAKI』のカバーは「featuring LARRY CARLTON」とあるとおり、ラリー・カールトンさんも参加されていて。

松本:この曲のカバーは昔からやってみたいなと思っていて、今回ようやく実現したんです。で、アルバムの制作を進めるなかで、ラリーさんが「僕も何か弾いてもいいよ」と申し出てくれたので、せっかくなのでこの曲でプレーしていただくことにしました。僕はラリーさんと『TAKE YOUR PICK』を一緒に制作したことによって、自分自身のソロワークの幅もすごく広がったので、うれしかったですね。

 

「実は50才までにグラミー賞を必ず獲るという目標を立てていました」

■幅が広がり奥行きもさらに深まったと思いますが、それによってもたらされた特別なものはありますか?

松本:最終的にはやはり「グラミー賞」という大きな目標に結びついたことですね。ラリーさんとアルバムを制作したこと、ツアーを回ったことは、自分のミュージシャンとしてのキャリアのなかですばらしい結果につながるものでした。

■グラミー賞って、作品がどれだけ売れていようが、どれだけ知名度があろうが、ほかのだれにもできないような結実がないと獲れない賞ですよね。松本さんは、目標としてずっと抱かれていたのでしょうか?

松本:実はだれにも言わなかったんですが、自分自身のなかではかなり前からずっと「最終的にはグラミー」というのは決めていたんです。「50才までには必ず獲る」という目標も立てていたし。結局、ギリギリ49才で獲れたんですけれど(笑)。やっぱり……大きな……自分の夢のひとつですよね。それも「ギタリストとして、インストゥルメンタル作品で獲る」という。僕のソロ活動って、基本的にはインストゥルメンタルなので。

■では、その目標であったグラミー賞を獲ったことで、ご自身のなかで何か変化はありましたか?

松本:一瞬、燃え尽きましたね(笑)。やっぱり獲るまではそれが最大の目標だったので、ソロワークとしての。だから、立ち直るのに少し時間がかかったんです。

■やりきったあとの疲労感、ですね。

松本:そう。それだけ充実感があるということですよね。

■ところで。これは今作の楽曲制作、アレンジメントから離れた質問になってしまうかもしれませんが、『ONE FOR THE ROAD』のタイトルを『The Moment』に変えたのは、なぜなのでしょうか? このアルバムに収録するにあたって変えられたようですけれども。

松本:この楽曲、いちばん最初のところをお話すると、B'zの「LIVE RIPPER」という(静岡・)渚園での1回目のライブを収録したライブDVDのエンディングロールで流れている曲なんです。で、僕自身、すごくこの曲が好きで。ただ、もう20年くらい前の曲だから……いまから思えば、深く考えずに『ONE FOR THE ROAD』というタイトルを付けてしまっていた気がして。僕のなかでのこの曲のイメージというのは、あのエンドロールで流れているいろいろな写真のなかの、稲葉くんと当時のマネージャーがふたりで並んで何かしゃべっている後ろ姿の写真……その写真のイメージなんです。やっぱだれにでも、忘れがたい瞬間ってあるじゃないですか。で、まさにあの写真1枚がそういうものだし、すごくいい写真なんですよ。それがあって、「タイトルをあらためてちゃんと付けたいな」と思って……。今回、アルバムに入れるにあたって、『The Moment』と名付けたんです。

 

「インストゥルメンタルのアルバムは、自分が聴きたいものを創っている」

■そしてタイトルと言えば、アルバムタイトルの『Strings Of My Soul』ですけれど。このタイトルを持つ楽曲も、今回のアルバムには収録されていませんが存在していますよね。

松本:このアルバムタイトルと、その楽曲は全然関係がないんです。僕自身が言葉としてとても好きで、今回のアルバムの内容にとても合っているな、と思ったので、このタイトルに決めました。だからDVD(初回限定盤にパッケージされる特典)に収録されている『Strings of My Soul』という楽曲は、このアルバムタイトルと連動して入っているわけではなくて。言葉として、「このアルバムにはこれしかない」ということなんです。

■『Strings Of My Soul』って、松本さんご自身の愛聴盤になるために生まれてきたアルバムなのではないですか? ひょっとしたら。

松本:僕、インストゥルメンタルのアルバムを創るときは、自分が聴きたいものを創っているんです。だから、このアルバムも完成してから結構聴いてますよ。家で聴いてみたり、車のなかで聴いてみたりしています。

■インストゥルメンタルの作品集って、ちょっと難解な印象があったりして、手に取るのを躊躇(ちゅうちょ)する人も少なくないと思うんです。でも、“松本さんの作品”であることで、先入観を持たずにインストゥルメンタルに触れる機会を得られる人が増えそうですね。

松本:そうだったらいいですね。『TAKE YOUR PICK』もそうだったかもしれないですけど、わかりやすいと思うんです。難解なジャズの……もちろん、そうじゃないものもたくさんありますけれど、そういった作品よりは気軽に聴けると思うので。多くの方に聴いていただけたら、とてもうれしいですね。

PR
Comments
購読ARIGATOございます。よろしければコメントをどうぞ!
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
B'z LIVE-GYM 2015        -EPIC NIGHT-
3月11日(水) 福岡・アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
3月13日(金) 長崎・壱岐文化ホール
3月21日() 福井・サンドーム福井
3月22日() 福井・サンドーム福井
3月28日() 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月29日() 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

4月02日(木) 神奈川・横浜アリーナ
4月04日() 神奈川・横浜アリーナ
4月05日() 神奈川・横浜アリーナ
4月11日() 静岡・静岡エコパアリーナ
4月12日() 静岡・静岡エコパアリーナ
4月17日(金) 広島・広島グリーンアリーナ
4月18日() 広島・広島グリーンアリーナ
4月22日(水) 徳島・アスティとくしま
4月23日(木) 徳島・アスティとくしま
4月28日(火) 新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
4月29日() 新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター

5月02日() 北海道・釧路市民文化会館 大ホール
5月04日() 北海道・帯広市民文化ホール 大ホール
5月06日() 北海道・岩見沢市民会館 大ホール
5月09日() 北海道・北海道立総合体育センター
5月10日() 北海道・北海道立総合体育センター
5月14日(木) 高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール
5月16日() 大分・ホルトホール大分
5月19日(火) 鹿児島・奄美文化センター
5月23日() 沖縄・沖縄コンベンションセンター
5月24日() 沖縄・沖縄コンベンションセンター

6月13日()味の素スタジアム
6月14日()味の素スタジアム
6月27日()福岡 ヤフオク!ドーム
6月28日()福岡 ヤフオク!ドーム
7月02日(木)京セラドーム大阪
7月04日()京セラドーム大阪
7月05日()京セラドーム大阪
7月25日()ナゴヤドーム
7月26日()ナゴヤドーム
ヤフオクで関連商品をGETしよう!!   人気の入札数順です

◎検索をクリックすると再読み込みできます。
おすすめ!
カレンダー
07 2017/08 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
B'z LIFE Twitter
●B'z LIFE Twitter

カウンター
バーコード
Template by B'z LIFE
    Powered by B'z
忍者ブログ[PR]